界 日光 春のご滞在

空室検索

宿泊日
泊数
宿泊人数

2015年、日光東照宮では50年に1度の「式年大祭」を行います。今年は徳川家康公が神に祀られて400年を迎える節目年。「日光東照宮400年式年大祭」として、恒例の流鏑馬神事や千人武者行列をはじめ、さまざまな神事が執行される予定です。日光東照宮と奥日光の自然に親しむ旅をお楽しみください。

特別会席 界日光名物 東照七彩ちらし

今春、日光東照宮の豪華絢爛な社殿を彷彿とさせる艶やかな会席が誕生します。日光東照宮の建造物に用いられた7色を贅沢な食材で彩った豪華な「東照七彩ちらし」をご用意しました。参拝の後は華やかで贅沢な会席をお楽しみください。
黒:キャビア/白:鯛/金:金粉/朱:車海老/黄土:錦糸卵/群青:茄子/緑青:絹さや
■【期間】2015年3月1日~2016年3月31日(除外日あり)
【料金】1泊2食付 おひとり様 29,000円~
■お申し込みはこちら

ガイド付ツアー第2弾 幸せの青い鳥を探す奥日光散策

奥日光の自然を知り尽くした”森のおじさま”と行くガイド付きツアー第2弾。春の散策は幸せの青い鳥”オオルリ”を探しに出かけます。オオルリは東南アジアから4月頃飛来。オオルリのルリとは、青い宝石の瑠璃(ラピスラズリ)を意味し、その鮮やかな色から「幸せを運ぶ青い鳥」として知られます。散策の途中にはいちごを楽しむスイーツタイムも。
■開催日:料金:大人1名様 1,500円 / 場所:奥日光周辺

400年の歴史を刻む伝統工芸「日光下駄」

日光東照宮参拝のための正装として考案された日光下駄は、職人による手作業で作られ、伝統工芸として400年の歴史を刻んでいます。界日光では、日光下駄の歴史や使い方をストーリー仕立て紹介する「日光下駄談議」を毎晩開催!日光下駄の無料貸し出しもあるので、春の中禅寺湖湖畔や華厳の滝までそぞろ歩きもお愉しみいただけます。
■開催日:毎日 / 場所:土間 / 料金:無料
■詳細はこちら

伝統工芸と春の奥日光の自然を楽しむ「鹿沼組子の間」

伝統工芸「鹿沼組子」は、江戸時代、日光東照宮造営のために全国から集められた職人たちが、互いの技術を競い合う中で発展し、日光に隣接する地に木工技術として根付いたのが始まりといわれています。組子の柄には桜などの花の模様もありますが、栃木県が日本一の生産量を誇る麻の葉模様は鹿沼組子ならではの特徴です。界日光では、鹿沼組子の美しい工芸品を随所に配したご当地部屋「鹿沼組子の間」をご用意。春の奥日光の自然を眺めながら、鹿沼組子の魅力に触れられます。
■詳細はこちら

  • 電話番号:0570073011
  • 界 日光 アクティビティー滞在
  • 界 日光 女子旅 春のご滞在
  • 界 日光 夏のご滞在
  • 界 日光 組子ライブラリー
  • とちおとめの里「栃木」で満喫 いちご狩り体験
  • ご当地部屋 鹿沼組子の間
  • トヨタをレンタカー
  • ベストレート保証
  • 界 ブランドのご紹介

おすすめの星野リゾート施設

宿泊のご予約は、専用の予約フォームでお受けしています。
お電話でも受け付けています。電話番号:050-3786-0099

ご予約・空室照会